2013年10月23日

エコキャップ運動の取り組み

先日、当校で集まったペットボトルのふた=エコキャップを
フジイ化工株式会社様(安城市東端町)へ持ち込んできました!

DSC05197.jpg 
 
これが、安城自動車学校で集まったエコキャップです!20.30kgでした。 
DSC05176.jpg
 
 
ものすごい数のエコキャップの量です。 
DSC05179.jpg
回収2億個達成!とありますねicon:face_smile
このフジイ化工さんは、愛知県下のエコキャップの約4割を回収されているそうです!
安城市の誇りです!!

なぜ、エコキャップと呼ばれるのか?なぜペットボトルのふたを回収すると良いのか?
ご存知の方も多いとは思いますが、キャップをゴミとして焼却するとCO2が発生します。
しかし、キャップは再生可能な資源です。そのため、リサイクル業者様が860個あたりに20円の寄付をして下さっているのです。
NPO法人を通し、世界の子供たちにワクチン(1人分=20円)を送ります。
キャップ860個で1人分のワクチンを渡すことができるのです!
 

また、ワクチンを送ることの他に、キャップを焼却せずにこんなアートとして生まれ変わることもできます!
デンソー高棚工場様にあるキャップアートは世界一長いそうです!!
DSC05185.jpg
 
DSC05184.jpg
 
このキャップアートに使われる土台(パネル)もエコキャップからリサイクルされた製品です。
 
 
そして、今回、このフジイ化工様からこんなお土産をいただきました!
DSC05199.jpg
 
一つ一つのパーツはこんなに小さいものもあります。
何ができるのでしょうか??
DSC05206.jpg
 
完成しました!フジィールちゃんですicon:heart_shake
もちろん、エコキャップからのリサイクル品です!
DSC05209.jpg 
 
フジイ化工様へ見学へ行き、環境への取り組みなどの説明をしていただき、私たちはただただ驚き、感動の連続でした。
%83G%83R%83L%83%83%83b%83v%8E%F3%97%CC%8F%91%96%BC%96%B3%82%B5.jpg
エコキャップの受取報告書をいただきました!
今回は10人分のワクチンでした。

各自治体や学校などでも回収運動をされています。
安城自動車学校でも、エコキャップの回収を行い、定期的に持込みをしております。

キャップ一つが大きな運動の小さな一歩になっている事を知っていただけたらと思います。
ペットボトル本体の回収率は80%に近いものの、キャップはなんと約7%程度の回収率だそうです。

 
君の“ひとつ”から始まるECO.

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 
 

 
Copyright c 2014 愛知 の 三河 岡崎 豊田 の 自動車学校 なら 安城自動車学校 All Rights Reserved./porwered by geniusweb.